iPhone用のサイトを作る

iPhoneはPC向けのサイトも見られるのですが、iPhone用のサイトにすることでより利用者に好感をもってもらえますし、情報が伝わりやすいと言われています。
iPhone向けのサイトはいくつか注意点があります。



一つは対象とするiPhoneをどうするかです。
画面サイズが年々大きくなっていることもあり、どのサイズに合わせるかはとても重要です。一般的には一番小さなサイズに合わせることが多いですが、動的なWEBにして3Gから6Plusまでのさまざまな画面サイズに合わせるという場合も多くあります。

最小サイズとしては320x480がきほんとなります。

朝日新聞デジタルが気になる方はこちらへご来訪下さい。

このサイズではフォントサイズも14pxから16px程度を利用することで見やすくなります。
また、このサイズにすればiPhone以外にもAndroidでも問題なく利用できると言われています。



PC向けのサイトと別に作る方が多いですが、レスポンシブルデザインを採用して一つのコンテンツで複数の端末に動的に対応させることも増えています。


レスポンシブルデザインを採用する場合、Javascriptなどのスクリプト言語でさまざまな動的な動きを合わせて設定することも増えています。
PC向けと同じコンテンツを利用することでメンテナンスが楽になりますし、サイトの統一感が一気に増してきます。