プレゼンを行うiPhoneアプリ

main-img

「Keynote」というアプリを使えば、iPhoneでスマートにプレゼンを行うことが出来ます。「Keynote」は実際にプレゼンを行う際に役立つアプリであるだけでなく、プレゼン資料を作成することも出来る多機能アプリなのです。

プレゼン資料を作成する際は、文章を箇条書きするだけではただの読み合わせになってしまいます。


要点だけを短く簡潔に書き、詳細はプレゼンを実行するときに説明すれば良いためiPhoneで資料を作成するのも苦になりません。



また、「Keynote」にはiPhoneで撮影した写真や動画を組み込み機能があり、そういった機能を使ってビジュアルを工夫することでよりグラフィカルな資料になるのです。


プレゼンの内容を決定づけるキーワードも、文字を上から落としたり、横から流れるように表示させたり、裏返しにすると同時に色を変えるといったエフェクト機能でさらに強調させることが出来るのです。

YOMIURI ONLINEの知識を持つことが重要です。

プレゼン資料が準備できたら、iPhone本体をプロジェクタに接続すればすぐにプレゼンを開始することが出来ます。


この際、接続ケーブルは専用品が必要になるので注意しましょう。

またパソコンが用意されていて、そのパソコンをプロジェクタにつなげてプレゼント行う場合は、「Keynote」のリモート機能を使ってiPhoneをリモコンとして使用することがお勧めです。
指先で画面をスワイプすれば次のスライドが表示されるため、手元を見ずに進めることが出来るので非常にスマートなプレゼンを行えるのです。

ジョルダンニュース!なら、多くの人が選んでいるこのサイトにお任せ下さい。

注目情報

subpage1

iPhoneはPC向けのサイトも見られるのですが、iPhone用のサイトにすることでより利用者に好感をもってもらえますし、情報が伝わりやすいと言われています。iPhone向けのサイトはいくつか注意点があります。...

more

耳より情報

subpage2

スマートフォンであるiPhoneは、色々な機器と無線接続する事が可能です。近年では、パソコンを介さずに、直接iPhoneからプリンターに接続出来るプリンターが販売されていますので、利便性が高くなっています。...

more

携帯の話

subpage3

iPhoneアプリはさまざまな環境から移植をされていますがが増えているのがWEBサービスからの移植アプリです。WEBアプリはHTMLとJavascriptなどでクライアントが作成されていることが多いですが、iPhoneアプリにする際にはこのクライアント部分をアプリ化する場合が多いようです。...

more

携帯の常識

subpage4

iPhoneに限らず、スマホが故障して修理に出すと必ず初期化された状態で手元に返ってきます。そこで面倒になってくるのが、データの移行作業です。...

more